読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

Windowsでの自動化の作り方入門 #6

Share

PSのメリット

PowerShellは殆どの点において、バッチやWSHより優れています。

やれることも多いし、その上記述もシンプルです。

個人的にはPSのメリットは関数型言語のそれと近いかなと思います。

慣れてくると連続処理もワンライナーで書けたりします。

PSは.NET Frameworkが扱える

しかもスクリプト言語なのに.NET Frameworkを扱えます。

記述もC#と似ている所があるので、C#erとはかなり相性が良いと思います。

PSと同じことをWSHでやろうとすると、記述がかなり助長になってしまいます。

ただ現状アプリ側で採用されている例がない?のでまだWSHを切り離す事は出来ないかもと思います。

PSのデメリット

デメリットとしては、Win7までは標準搭載されていないことです。

後「.ps1」というファイルで記述出来るけれど、作ったファイル単体では動かせません。

セキュリティの問題の対応なので仕方ないちゃ仕方ないですが、面倒ではあります。

あと最初ネットや書籍が少ないと思いました(実際は大分あるようです)。

でもPS良いよ

でも、そのデメリットを享受して使うだけのメリットは十分にあると思います。

もちろんWinXPでもインストールさえすれば使えます。

例えば単体で動かなくてもバッチと組み合わせれば動かす事が出来ます。

個人的にはWindows7のシェアがXPを抜くと共に、WSHより普及するのではと思います。