読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

Windowsでの自動化の作り方入門 #3

Community Open Day 2012 VS

Bat Trio

自動化の基本中の基本

それでは自動化するための技術を説明します。

最も簡単に自動化する技術、それはバッチです。

バッチは自動化の基本中の基本です。

非常に簡単に書くことが可能なため、短時間で自動化出来ます。

必要最低限な命令で作成可能

例えばあるファイルをコピーしたいと思った場合、命令はいくつ必要でしょうか?

コピーするという命令、コピー元のパス、コピー先のパスの3つです。

実際この3つだけテキストエディタに書いて、batという拡張子を使えばもう完成です。

ファイルにすればダブルクリックで使えるため使い手側も手間がかかりません。

copy PATH_A PATH_B

シンプルなのが最大の売り

どんなプログラム言語でも、ここまでシンプルに書けるものは少ないです。

大体にして、もう少し煩雑な手続きが必要で、時間がかかります。

シンプルなため実行、配布、修正に至るまで簡単です。

このシンプルさがバッチの最大の売りです。

バッチだけでかなりの自動化が可能

多くのアプリはバッチによる制御に対応しています。

バッチだけでもかなりの自動化が可能です。

しかもアプリによっては起動すらしなくても仕事が可能です。

起動しない分、メモリの消費量も少なく、高速に動作します。