森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

第3回RxTstudy その3 @g_maedaさんの「webサイト「Redmine.JP」 4年4ヶ月」 #RxTstudy

Redmineユーザーとして楽しみにしていたセッション

次は@g_maedaさんの「webサイト「Redmine.JP」 4年4ヶ月」。

これはRedmineユーザーとして楽しみにしていました。

Redmineをさわる人ならおよそ知らない人はいない、超人気サイト。

言わずと知れたRedmine.JP。その運営の秘密や如何に?

ベタ中のベタのサクセスストーリ

内容はコミュニティ運営としての成功事例でした。しかも、ただの成功事例ではありません。

弱小野球部が努力を重ねてついには甲子園に出場する…ベタ中のベタのサクセスストーリ。

スラムダンクを読めばバスケをやりたくなるような森理には刺激的過ぎるセッションでした。

まさにスポ根漫画のオープンソースコミュニティ版と言った感じでした。

オープンソースコミュニティへの貢献への新しいアプローチ

サイト運営→Google検索第一位→執筆依頼→会社設立と、プログラマなら誰もが熱くなる成長記録。

にも関わらず、燦然と輝く(unofficial)の文字。サイトに訪れた人は殆ど気づいていないでしょう。

コードを書かなくても、情報発信や翻訳という方法もある。

オープンソースコミュニティへの貢献への新しいアプローチが見せてもらえたのも良かったです。

熱さ零れ落ちるスピーチ

どちらかと言うと淡々と話すけれど、熱さも零れ落ちる良いスピーチでした。

やはり情熱は相手に分かって欲しい。とはいえ松岡修造では熱苦しい。やはり零れ落ちるのが理想です。

懇親会でも話しかけたかったのですが、今回は色々話合う相手が多すぎて、残念ながらご縁がありませんでした。

とりえあず次はNHKプロフェッショナル出演希望します!


togetterの2012/2/4 第3回 #RxTstudy まとめ(2)本編から抜粋

実は本家(http://t.co/DycDbsuc)とは無関係の勝手サイト #RxTstudy

CMSはnanocを利用 #RxTstudy

これですね http://t.co/ltBzWSwh #RxTstudy

nanocのメリット:コンテンツはすべてテキストベース。DB不要。バージョン管理ツール等で管理できる。スクリプトで一括して変更できる。 #RxTstudy

ここまでnanocの説明でした #RxTstudy

情報は本家サイトとTwitterから収集 #RxTstudy

2007年10月に開設 #RxTstudy

2008年4月、Google検索で1位に #RxTstudy

2008年6月、書籍執筆の打診! #RxTstudy

まずはコンテンツをGithubに上げるといったことから #RxTstudy

実はオフィシャルでも日本語翻訳はあるが、主導者がいない http://t.co/cXt5JT8q #RxTstudy