森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

C#アプリの作り方入門〜「きほん」の「ほ」〜 その1 神は細部に宿る

Ebony in C SharpC#

入門書の次に読むべき本

プログラマが入門書の次に読むべきだと思っている本はEffectiveシリーズです。

森理は、C++,STL,C#を読みましたが、Effectiveシリーズに外れなしだと断言出来ます。

入門書で言語仕様などを把握したら、次はその仕様の実践での使い方です。

Effecitveシリーズに書いてあることを全て覚えて実践出来れば、初級プログラマは卒業だと思います。

効果的なアプリを作るには?

Visual Studioはコントロールの仕様を理解するだけで、もうアプリは作れると思います。

しかし、それは入門書を読み終わった状態と同じで効果的(Effecitve)なアプリの作り方ではありません。

アプリの作り方で、次の段階へ進む時に読むべき本は、あまり見たことがありません。

実践での効果的な使い方は、トライ&エラーで自分のこだわりを見つけていくしかないと思います。

神は細部に宿る

アプリを色々作っていると、様々な細かいこだわりが出てきます。

配置するときのルールであったり、ソースを書くときの決め事であったり。

このこだわりこそが初級者から脱して、次のステップへ行くための第一歩かと思います。

森理の好きな言葉は神は細部に宿るです。


C#アプリの作り方入門〜「きほん」の「ほ」〜

そこで、森理がアプリを作るときのこだわりを「きほん」の「ほ」として、紹介していこうと思います。

C#アプリの「きほん」の「き」を抑えたぐらいの人が、アプリを作る時に参考にして欲しいポイントを書いていきます。

中級以上の方は、既に自分のこだわりがあると思うので、森理のこだわりと比較して楽しんでもらえばと思います。

このブログを読んで、自分なら…と思うこだわりがあれば是非コメント下さい!