森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

ハッカソンでのデジタルコミュニケーションまとめ #hack4jp


デジタルコミュニケーションについて過去6回、ツールをいくつか取り上げました。方法論もいくつか書いてみました。

それではハッカソンで使うデジタルコミュニケーションはどうするのがベストでしょうか?

アカウントをもっているか、ツールがインストール済みかなど、基本的には使用する状況によって変わります。

グループ内のメンバーで話し合って、ルールを決めて使うのが良いと思います。



先ずログを公開で残したければ、使用者も多く手軽なTwitterが向いていると思います。

またTwicchaでのTwitterチャットを使ってみるのも面白いと思います。

データのやりとりも画像か動画ならtwitpicが使えます。

終わってからTogetterで、関係ない意見を省いたり、重要な部分を強調してまとめることも出来ます。



ログを全公開にはしたくなく、メンバー限定にしたいなら、Lingerが良いと思います。

メンバーになったら過去ログまで含めて見ることが可能です。LingerはFacebookのアカウントでもログインできます。

データも特定のメンバーだけならSugarSyncDropboxなどオンラインストレージを使う方法が、おススメです。
(この辺に関しては明日以降詳しく書くつもりです)



ハッカソンであっても、オンラインオフライン同時に行いたいケースもあります。その場合はやはりSkypeの併用するのが良いと思います。

Skype自体のチャットもありますし、データのやり取りもできます。Tapurを使えば音声ログを残す事も出来ます。

機材が揃っていればビデオチャットもぜひ使ってみたいです。有料ですが、複数人ビデオチャットも可能です。

複数人ビデオチャットも無料なooVooもあります。