森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

ペットファインダーを作った経緯とプレゼンの方法論

白石さんがプレゼンから戻ってきたらスタートページは問題なく開きました。

マーフィの法則でしょうか。世の中そういうものです。

その後5Goodsと同じように今回アイデア出しから初めていたチームがペットファインダーというサービスのプレゼンをしました。

他のプレゼンを覚えていない中でこれを特にピックアップしたのは思うところがあったからです。


今回のHack For Japanの目的は被災者に届く何かをすることです。

しかし森理は震度4以上の地震を体験したことがありません。そんな人間の考える被災者のため何かは所詮机上の空論です。

そんな中で今回の京都という場所には大規模地震体験者がいます。

ペットファインダーは、神戸で被災した方が行方不明のペットを探すのに苦労したという体験談から考えたものでした。


少なくとも森理にはペットが居なくなって困っている人がいるという認識はありませんでした。

これは実際に体験していないと出てこない発想だと思います。

だから、今回の試みにおいて体験談から何かを作るのは非常に意味があると思いました。

こういう事実が知れたことも今回イベントに参加した意味の一つだと思います。


そしてもう1つ、このチームの成果物は投稿フォーム1画面でした。

しかし、その投稿フォームはよくできていたので、それだけでやりたいことは分かりました。

この事から作ろうとしているもの手っ取り早く伝える方法として、タグでhtmlを作るのはかなり有効だと思いました。

表現力が高いわりに、作成や変更のコストが低い。これはゲームでも応用できるかもしれません。とても良い発見でした。