森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

5Goodsと白石俊平さん

さて、6個のチームから森理が選んだのは「5Goods」です。

5Goodsは、白石俊平さん(id:Syunpei)がプレゼンされました。

白石さんはHTML5のGoogle API Expertでオープンウエブテクノロジーの社長さんです。

森理はハッカソンの最中にはプロフィールを全く把握していなかったのですが、凄い人です。(いまさら?)


白石さんのプレゼンの内容はマイクロボランティアというテーマがメインになっていました。

現在日本では「ボランティア」というとどうしても身構えてしまいます。

マイクロボランティアはその垣根を可能な限り低くして、電車の中でも出来る社会貢献という考え方です。

一日一膳じゃ足りないので、一日五善、五つの善から5Goodsという名前を付けたそうです。


森理が5Goodsを選んだ理由は2つあって、1つはの電車の中でも出来るという考え方に興味を持ったらからです。

そしてもう1つは、概念はしっかりしているけれど、まだ具体的な案ではないのでアイデア出しだけでも参加出来たことです。

正直自分はゲームプログラマとして自分の畑では何でも出来るつもりでいました。しかし今回必要とされるスキルはキーワードすら知らないものもありました。

この敗北感とか無力感は結構大事なことかもしれないと思ったので、刻んでおきます。


森理はトイレに行って戻ってきてからチームに入ったので最後でした。

白石さんの他には森理を入れて6人が集まりました。

この時点で約50人のHack For Japanは8つのチームになっていたので、大体平均的な人数だと思います。

しかし5Goodsのメンバーは実は6人ではありませんでした。