読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

及川さんのスピーチを自分なりにまとめ

Hack For Japanハッカソン

及川さんのスピーチは本当に素晴らしいものでした。

このブログでは及川さんのスピーチを聞いて森理が自分なりに解釈した内容をまとめました。

素晴らしい内容は及川さんの言葉、それ以外は森理と思ってもらって差し支えないと思います。

重ねて言いますが是非映像で及川さんのスピーチを見てください。

(追記:03/28こちらに前半部分を書き起こしてあります)

      • -

Hack For Japanが目指すものはマッチングです。

必要としている人に必要なものを届けるためには、それを提供出来る人を「マッチング」する必要があります。

自分では提供出来なくても、提供出来る人を適切にサポート出来るなら、それも「マッチング」です。

また出来たものを確実に必要な人に届けるためにも「マッチング」が必要です。


情報は刻一刻と変化しているので、昨日までは必要だったものが、今日必要なくなることもあります。

そのためにはスピードが重要視されます。可能なかぎり無駄を省き、使えるものは利用して出来ることをやるべきです。

自分一人の力は小さくても、最大限の力を発揮できる場所を適切に担当出来れば、それは確実に大きな力の一つになります。

届かなければ意味はありません。考えただけ・作っただけでは自己満足です。


また今後も復旧には長い時間かかります。そのためには継続性も重要です。

今モチベーションが高くても、それが1ヶ月先、1年先、10年先まで続いていないと意味がないこともあります。

継続させるために必要以上の自責はやめるべきです。なぜこんなひどい状況で自分は何も出来ないのかという思考では余裕がなくなります。

被災者のために作業を行うことも支援ですが、経済活動を止めないために毎日やっていることを続けることも立派な支援です。


Hack For Japanは今日で終わりではなく、スタートです。