読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森理 麟(moririring)のプログラマブログ

ゲームプログラマ森理 麟がのプログラムの話題を中心に書くブログです。

ノーコーディングなプログラミングツールがコードを書けるプログラマを亡き者にする時代はもう来ていた

Unreal Engineのブループリントの衝撃

https://answers.unrealengine.com/storage/attachments/125-arraybp.jpg
UnrealEngine初心者向けハンズオン勉強会で、Unreal Engineのブループリントに衝撃を受けた。ブループリントはビジュアルスクリプトでゲームを作っていく仕組みで、これを使えばノーコーディングでもゲームを作ることが出来る。僕は実際さわってみてあと20年以内にプログラマという職種はなくなるのは多分本当だと思った。

KANSAI CEDEC 2015

先週2月7日、KANSAI CEDEC 2015に行ってロブ・グレイさんによる「新世代のゲーム制作環境アンリアル・エンジン4~The Power of Blueprint~」というセッションを受けた。内容はデザイナがノーコーディングでどこまでゲームを作れるかというもので、実際1時間でコードを1行も組むことなく、アクションゲームのモックを完成させた。


モックといっても、グラフィック込みで非常に完成度が高い。実際、商品化されているゲームだってこれ以下のクオリティのものはあるんじゃないかなというレベル。プログラマの手がなくてもゲームが作れる時代が来ていたんだなーと本当に衝撃を受けた。しかし、この衝撃はこれで終わりではなかった。

UnrealEngine初心者向けハンズオン勉強会

さて、今週、UnrealEngine初心者向けハンズオン勉強会をやった。内容はブループリントによるゲーム制作。講師は@aizen76 さん。Unreal Engineの第一人者で、僕と一緒にUnity5の本Unreal Engineの内容を書いている人!もう一度言う。「Unity」の本に「Unreal Engineの内容」を書いている人。今回はその繋がりで講師をお願いをした。


最初にUneal Engineの概要説明と実際に作られた作品のムービを見た。クオリティはもうびっくりするぐらい高い。これリアルタイム。←多分嘘だと思う。そういうレベル。


その後「50分でわかるブループリントについて」というセッション。

ブループリント

先週ブループリントでデザイナが1時間でゲームを作るのを見た。その時ブループリントはノンプログラマでも扱えるように、機能性より利便性を取るものだと思っていた。しかし、実際は全く違った。ブループリントはテキストでもある。ブループリントをコピーしてメモ帳にペーストとすると文字列になる。そういうことか!と思った。


ビジュアルスクリプトはテキストスクリプトよりも強烈で、ビジュアルスクリプトでしかできないこともあると説明された。例えばキャラへのブレークポイントも簡単に貼れるとか。確かにカーブの動きを脳内でテキスト化するのはプログラマでも簡単ではない。明らかにトーンカーブを使ったグラフィックをマウスでドラッグした方が簡単だ。


実際@aizen76さんもバリバリプログラム書ける人なので、ブループリントを使いつつ、足りない部分はプログラムで補うつもりだったらしい。けれど、実際使ってみると結局最後までプログラムが必要にならずゲームを作れてしまったそうだ。デザイナのためのツールどころかプログラマすらコーディングをしないのだ。衝撃×衝撃。


その後ブループリントを使って実際にハンズオンで2Dゲームを作った。UnrealEngineは本当にゲームを作るために作られたエンジンでよくポイントを抑えていると思った。実際ブループリントをさわってみるとトラブルもありつつ確かにノーコーディングでキャラクタを動かすことが出来た。あっという間の4時間だった。

懇親会

懇親会でもブループリントの話は大いに盛り上がった。まだまだ発展中の技術ではあって気にあるところはちょいちょいある。でも、まだまだ進化も出来るよねという話にもなった。特にビジュアルでノードをつなぎ合わせるところは、かなり決まった処理なので、もっと自動化出来るのではないかという話は僕も凄く思った。


あと、ブループリントでオブジェクト指向も実装出来るけれど、あまり使われていないという話を聞いた。これはノンプラグラマが慣れてないだけでいずれ整ってくるという話も出たけれど、僕は最近読んだ清水亮さんのブログで語られていた内容こそが解決方法だと思った。


つまりブループリントを最適に扱える概念はオブジェクト指向ではなくて、全く新しいビジュアルスクリプト用のほにゃらら指向だと思う。プログラマ以外でも扱えるその概念が具体化すれば、いよいよノーコディングでも効率的なプログラムを組むことが出来るようになると思った。

まとめ

Unreal Engineは出来が良いために、出来上がるもののクオリティが抜群に高い。クオリティはどうやって作ったかは問題にならない。コーディングしたければすれば良いし、したくなければしなければ良いのだ。コードが書けるということはもはやメリットではない。プログラマがコードを書ける価値はきっともうすぐ暴落する。


これはゲームプログラムに限らず、全てのプログラムも同じことかと思った。プログラムを組んで「何が」作れるかがもっとも大事で、どうやって作るかは問題ではない。今後、そういう風にツールは進化していくだろうと思った。あー、恐ろしい時代はもう来ていた。僕、コード書くの大好きなんだけどね。

UnrealEngineインストール手順


UnrealEngineのアカウント作成から起動してサンプルを動かす所までをまとめます。UnrealEngineは有料版(一ケ月19$+5%)を買うか、イベントなどでプロモコードを入手する必要があります(何処でも手に入るものではありません)。


はじめにユーザー登録が必要です。以下のページで必要な情報を入力してCreate Accountボタンを押してください。
https://lh4.googleusercontent.com/-9VKjbt3Unio/VLjYlkejL5I/AAAAAAAADSs/g5BiPfPc0-c/w598-h631-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_055800_PM.jpg

登録が完了した人や既に持っている人はサインインして下さい
https://lh4.googleusercontent.com/-Dedco0Al_78/VLjYla_ekeI/AAAAAAAADTw/Zb__EsQkGtM/w453-h268-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_060011_PM.jpg

そうすると、この画面に飛びます。プロモコードがある場合は下記の四角をクリック。なければクレジットで支払ってください。
https://lh3.googleusercontent.com/-rBqMR1u-3Rk/VLjYlmCsehI/AAAAAAAADTk/fP0MSNDvnVA/w881-h807-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_060347_PM.jpg

CODE REDEMPTIONにプロモコードを打ってチェックを付けてSubmitを押します。
https://lh5.googleusercontent.com/-bhoRqCM0xeI/VLjYmixZfSI/AAAAAAAADTg/RvkPjV0JFmI/w664-h362-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_060537_PM.jpg

そしたらダッシュボードに行くのでここでインストーラーをダウンロードします。容量は50MBぐらい。
https://lh6.googleusercontent.com/-iqiv1MPiQfA/VLjYm0VHgFI/AAAAAAAADTU/JJVmlGx2Jfg/w549-h395-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_060656_PM.jpg

終わったらインストーラーを起動します。
https://lh4.googleusercontent.com/-qvMsXOhXuwY/VLjYnSb0O5I/AAAAAAAADS4/UXsb-tG5tYQ/w499-h389-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_061142_PM.jpg

で、インストーラーをクリック。
https://lh6.googleusercontent.com/-K8-DgkhiPwU/VLjYoOsLCcI/AAAAAAAADS8/c7Vn0W_GmTE/w499-h389-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_061225_PM.jpg

無事終わったら先ほど登録したアカウントでサインインします。
https://lh6.googleusercontent.com/-j8oaQEkpDiA/VLjYoR83oEI/AAAAAAAADTE/F8jjTPgVafE/w1004-h754-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_061355_PM.jpg

ライセンスに同意すると、画面が変わってインストールが始まります。
https://lh3.googleusercontent.com/-lEV7EbDUA3A/VLjYpM5ddXI/AAAAAAAADTQ/ZNb3PDB4eks/w1004-h754-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_061433_PM.jpg

回線にもよりますが、1時間ぐらいかかると思います。
https://lh6.googleusercontent.com/-W1_gtVspPMw/VLjYpiMeq0I/AAAAAAAADTY/NGRXrxT77CI/w1004-h754-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011615_061533_PM.jpg

インストールが終わるとこんな画面になるので「今すぐ修復する」を選びます。
https://lh4.googleusercontent.com/-YdbpGbrQ-j8/VLk09G6drDI/AAAAAAAADU4/Rghf3FCsW3o/w1004-h754-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011715_124902_AM.jpg

「起動する」ボタンを押します。
https://lh4.googleusercontent.com/-4XSKgMpalIg/VLk09KA_uLI/AAAAAAAADUg/9Rx2xyAR3jE/w1004-h754-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011715_124934_AM.jpg

起動中です。
https://lh4.googleusercontent.com/-uLhygKDRRYo/VLk09HGYoZI/AAAAAAAADUU/qk3Xz9sVEVk/w601-h201-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011715_125005_AM.jpg

ファイヤーウォールの警告を聞かれるので「アクセスを許可する」を押します。
https://lh4.googleusercontent.com/-BLG7zJ-D7ho/VLk1F0ZA9GI/AAAAAAAADVE/j4m2ga2Js18/w629-h442-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011715_125258_AM.jpg

「First Person」を選んで、「プロジェクトを作成」を押します。
https://lh5.googleusercontent.com/-t7hW1GGUQYw/VLk1aZUGmII/AAAAAAAADVQ/8LcOgvmNE74/w1110-h764-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011715_125417_AM.jpg

「プレイ」ボタンを押せば実行します。
https://lh5.googleusercontent.com/-uX92htNXeRU/VLk0_0EuKWI/AAAAAAAADUo/a5jeYRUR1V4/w1598-h869-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011715_125617_AM.jpg

十字キーやスペースでゲームが出来ます!
https://lh6.googleusercontent.com/-E3KH6F761K0/VLk1BL3irWI/AAAAAAAADUw/GKWzw5yK5Z4/w1598-h869-no/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_011715_125638_AM.jpg

お疲れ様でした!

2015 MVP Community Camp大阪 登壇者紹介 まっちゃだいふく さん

2015年01月31日(土)に「2015 MVP Community Camp~大阪~」が開催されます。

登壇者としては最後になります。今日はまっちゃだいふくさんです!僕は大福好きですが、抹茶大福って見たことがないですね。
https://pbs.twimg.com/profile_images/954223524/ripjyr_400x400.jpg


まっちゃだいふくさんはまっちゃ139勉強会の主催者で、Microsoft MVP for Consumer Securityを受賞されています。 まっちゃ139は、関西をメインにセキュリティ関連の勉強会を行う勉強会集団です。勉強会では、関西をメインに、セキュリティ啓蒙、管理者スキルアップ、ユーザーのボトムアップをするため、3ヶ月に1度の割合で主に京都で勉強会を実施しています。


まっちゃだいふくさんは、勉強会のプロで、大規模な勉強会を日本各地で行っています。ぼくもまっちゃさんから沢山勉強させてもらっています。一昨年のMVPのCommunityのイベントで素晴らしいまとめをされていて、それに感動したので、今回クロージングをお願いしました。そしたらオープニングとアイスブレイクまでやってもらえることになって、僕的にはホクホクです。


というわけで、まっちゃさんはオープニング、クロージング、アイスブレイク担当です!興味を持った方は是非2015 MVP Community Camp~大阪~からお申し込みください!

2015 MVP Community Camp大阪 登壇者紹介 細谷 泰夫 さん

2015年01月31日(土)に「2015 MVP Community Camp~大阪~」が開催されます。

見どころとして登壇者をランダムに紹介していこうと思います。今日は細谷 泰夫さんです。本日の内容はもう一人のリーダー石川さんに書いてもらいました!有難うございます!
https://fbexternal-a.akamaihd.net/safe_image.php?d=AQDtuLryWJtW5Utz&w=376&h=180&url=http%3A%2F%2Fwww.juse.jp%2Fsqip%2Fsymposium%2F2013%2Fprogram%2Fimages%2Fphoto_015.jpg


細谷さんはTeam Foundation Server ユーザーズ グループの方で、Microsoft MVP for Visual Studio ALMを受賞されています。 「Team Foundation Server ユーザーズ グループ」はTFS(Team Foundation Server)やALM(Application Lifecycle Management)に関して議論するグループです。 TFSの日本語の情報は少ないのですが、「TECHNICAL MASTER はじめてのTeam Foundation Server」という書籍をコミュニティーメンバーで共同執筆されていて、TFSの情報提供に努めています。


また、細谷さんはアジャイルや品質保に関しても深い知識を持っており、「わかりやすいアジャイル開発の教科書」を執筆されている他、「Ultimate Agile Stories」の編集部、「SQiP」の実行役員を務めるなどまさにALMに関わるいたるところで活躍されています。 それから、お仕事で新人に対する教育もされているので、教え方も非常に丁寧で分かりやすいです。 今回も新人の方とTFSの入門的な話から、活用方法まで話してくれるそうです。 TFSの導入を考えている方はまさに必聴のセッションですね。


というわけで、細谷 泰夫さんのセッションは「新人のTeam Foundation Server体験紹介します!」です。内容は「新人が配属されて、初めてチームでの開発に加わわり、チームで使われているTeam Foundation Serverと出会い、活用していく体験談と、Team Foundation Serverを使った開発チームの運営方法について紹介します。」です。


興味を持った方は是非2015 MVP Community Camp~大阪~からお申し込みください!

2015 MVP Community Camp大阪 登壇者紹介 Posaune さん

2015年01月31日(土)に「2015 MVP Community Camp~大阪~」が開催されます。

見どころとして登壇者をランダムに紹介していこうと思います。今日はPosauneさんです。
https://pbs.twimg.com/profile_images/470799844554964992/T5TqwcqX.jpeg


Posauneさんは .reviewrcの主催者でMicrosoft MVP for Visual Studio ALMです。.reviewrcは「TABOK(テスト自動化知識体系)読書会 => 関西検証コレクション => .reviewrc と続いてきた勉強会です。テストやレビューを中心とした品質保証側の技術について、日々勉強したり発表聞いたり発表したりしています。」です。


Posauneさんは、まあ本当に何を聞いても完全に答えるので、今風に言えばフルスタックエンジニアですか。大体出来る人って何でも出来ますがまあPosauneさんはこ憎たらしいぐらい何でも出来ます。技術に限らず、音楽でも、英語でも、ワインでも、アニメでも何でも知っています。てか知らないことない人なので、多分神です。


というわけで、Posaune さんのセッションは「テストってなにをするもの?」です。内容は「「テスト」、と言われると、「決まりきった手順を踏むだけの単純なオシゴト」というイメージがつきまといます。開発作業の中でもツマラナイものと敬遠されてしまいがち。そこでこのセッションでは、テストって何を考えて作られて何を考えて実行するのか、というお話を、Microsoftの技術と絡めて紹介します。」です。


興味を持った方は是非2015 MVP Community Camp~大阪~からお申し込みください!

2015 MVP Community Camp大阪 登壇者紹介 亀川 和史 さん

2015年01月31日(土)に「2015 MVP Community Camp~大阪~」が開催されます。

見どころとして登壇者をランダムに紹介していこうと思います。今日は亀川 和史さんです。
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/1601486_10204840940244094_2263671041756528948_n.jpg?oh=5a6302cfbe50888769d77ea8176ec043&oe=54E900C7

亀川 和史さんは comu+の主催者でMicrosoft MVP for Visual Studio ALMです。「こみゅぷらす (COMU+) とは、INETA の加盟コミュニティのリーダーや Microsoft MVP などこれまでもアクティブに情報を発信してきたエンジニアが集まって結成した団体です。マイクロソフト技術を中心に、さまざまな情報をオンライン、オフライン勉強会を通じて配信していきます。カタカナで「コミュプラス」ではなく、ひらがなで「こみゅぷらす」と表記しています。」です。


亀川 和史さんは、去年大阪に引っ越されてきました。でも、僕は以前から知っていました。だってめっちゃ記事を書いていますし、結構僕が大好物なものが多いのですから!開発環境構築とかデバッグ入門とかVSの使い方とか。どの記事も質が高く、内容も幅広いので多分何をふっても「あ、出来ますよ」と言いそうな人です。憧れまする。


というわけで、亀川 和史 さんのセッションは「トラブル対応、その時あなたがすることは?」です。内容は「どれだけテストしても起きてしまうのがトラブルです。本番で起きるのはもちろんのこと、納品まで時間がないような状態で起きると焦って、「え、こんなつまらない原因だったの?」ということは案外あり得ます。現場では案外どうやって調べればいいのか、最新技術を知らずに対応していることも多いので、実際にどうやってトラブル対応していくのか、実例を交えて紹介します。」です。


興味を持った方は是非2015 MVP Community Camp~大阪~からお申し込みください!

2015 MVP Community Camp大阪 登壇者紹介 遥 佐保さん

2015年01月31日(土)に「2015 MVP Community Camp~大阪~」が開催されます。

見どころとして登壇者をランダムに紹介していこうと思います。今日は遥 佐保さんです。
https://mvp.microsoft.com/private/ja-jp/PublicProfile/Photo/4027291


遥 佐保さんはRoom Metroの主催者でMicrosoft MVP for Windows Platform Developmentです。Room metro とは「WinRTやWindows8のクライアントアプリケーションを楽しく勉強する会」です。これ以外にも沢山の勉強会を主催されています。


遥 佐保さんは、日本一勉強会に積極的な女性だと思います。多分日本は世界一勉強会に積極的だと思うのでまあギネス級な人です。名実ともにワールドクラスで、まあ一言で言うならば一言では言えない人ですが美魔女ですかね。セッションは柔らかいという表現がピッタリくる内容でとても分かりやすいです!


というわけで、遥 佐保さんのセッションは「クロスプラットフォーム開発の紹介」です。内容は「マイクロソフトが進めているクロスプラットフォーム開発、マルチデバイス対応について紹介します」です。


興味を持った方は是非2015 MVP Community Camp~大阪~からお申し込みください!